Iライン脱毛

iライン脱毛の人気サロン厳選紹介サイト

ホーム » Iライン脱毛 » 針脱毛(美容電気脱毛)について

針脱毛(美容電気脱毛)について

針脱毛は電気の通る針を使った脱毛方法です。医療機関では「電気脱毛」と言われ、サロンでは「ニードル脱毛」「美容電気脱毛」などの呼び方をされています。メカニズムは一緒です。

これらは、今のレーザー・光脱毛が開発される以前からある脱毛方法なので、知名度は高いのですが、光技術を用いたものに比べて痛みが強いため、これまではその痛みに耐えてまで脱毛する必要はないと考える人の方が多かったという風に考えられます。

レーザーや光脱毛が、かなり痛みを軽減してくれる技術であるため、近年脱毛が脚光を浴びるようになったとも言えます。

この針と電気を使った脱毛方法なのですが、本来この技術は医療行為です。ですからクリニック以外で行った場合には違法行為に当たるのです。

しかしニードル脱毛を行っているサロンは多数ありますし、やめようという動きもありません。

サロンの主張としては、医療行為で使われる「絶縁針」とサロンで使っている針は別のものであって、且つ、針を皮膚に貫通させず毛穴の中で留めているだけだから、医療行為には当たらないということのようです。

このことについて、以前から、日本医学脱毛協会なども問題提起していますし、その主張さえあればほとんど医療行為と違わないことをサロンでやっていいのかということには疑問を感じますよね。

しかしこの問題は解決していません。訴訟や摘発の動きもあまりなく、サロン側もこのサービスをやめる動きもなく現状維持が続いて今に至ります。

サロンでニードル脱毛を受けるのは絶対に危険だからやめましょうという話ではありませんし、確かに光脱毛よりも効果が高いのは事実なのですが、クリニックかサロンかを考えるときにこのようなことも知っておいていただきたいと思います。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿