Iライン脱毛

iライン脱毛の人気サロン厳選紹介サイト

ホーム » Iライン脱毛 » 

IPL脱毛ってどんな脱毛?

IPLは皮膚に無駄な熱を与えない

IPL脱毛は、大きなくくりでは光脱毛の一種です。つまり、毛に含まれるメラニン色素に反応する光が、そこに熱を加えることで、毛が生えてきているおおもとの部分「毛母細胞」を熱で変質させて、毛の再生を止めるというのがその原理です。
 

人間の細胞に含まれるたんぱく質というのは、65~70度くらいの温度で変質して、細胞として死んでしまいます。もちろんその熱が皮膚の表面の細胞に加わってしまえば、その部分はヤケドを負ってしまうことになりますよね。
 

しかし、光脱毛技術が肌にヤケドを負わせない理由は、「メラニン色素のみに反応する光」を抽出するフィルタを通していることです。これによって、毛の根元は一時的に高熱を帯びることになりますが、照らした皮膚全体が70度になってしまうわけではないということです。
 

IPL脱毛の「IPL」とはインテンス・パルス・ライトの頭文字を取ったもので、短時間に高速で点滅を繰り返す光のことを指します。この点滅と、特殊なフィルタのおかげで皮膚には無駄な熱を与えないように開発されているのです。
 

レーザーとの違い

また、レーザーとの違いは、光が広く拡散するタイプだということです。レーザーは、直線的な光であるため一度の照射範囲がとても狭くなってしまいます。例えば、広くても1センチ四方程度です。
 

しかし光脱毛、IPL脱毛においては、その数倍の面積を一度に照射し、脱毛することができます。
 

ただし、医療行為に当たる技術は医療機関でしか行えません。そのために、脱毛サロンでの脱毛機というのは、医療機器に比べて必ず出力が落としてあります。
 

IPLのように広く拡散して広範囲を照射できるものだとしても、医療で使われるレーザーとは強さが違うのでその分効果を実感するためには、医療レーザーに比べて多くの回数・期間を必要としてしまう側面があります。
 

部位や毛質によりますが、1年~1年半かけるとかなりの毛の再生が止まってムダ毛が減ったことを強く実感できるようです。
 

色素も薄い毛にも反応

サロンによって使われている脱毛機は異なるので一概にはいえませんが、IPL脱毛の中には、細く、色素も薄い産毛のような毛にも反応して脱毛ができるものもあります。
 

さらに肌への負担も少ないので、皮膚の弱いビキニラインやおへそなどにも多用できますし、背中・腕などの産毛にも効果があります。もちろんワキや脚のような、比較的しっかりとした黒いムダ毛にも効果があります。
 

それだけでなく、出力レベルを調整することで美肌効果が期待できます。肌細胞を活性化させ、毛穴を引き締めたりお肌のキメを整えたりしてくれるので、冷却・保湿ローションやジェルとセットで施術してくれるサロンへ行くと、自己処理に比べて断然綺麗に仕上がりますし、脱毛後のお肌が健康になります。
 

針脱毛(美容電気脱毛)について

針脱毛は電気の通る針を使った脱毛方法です。医療機関では「電気脱毛」と言われ、サロンでは「ニードル脱毛」「美容電気脱毛」などの呼び方をされています。メカニズムは一緒です。

これらは、今のレーザー・光脱毛が開発される以前からある脱毛方法なので、知名度は高いのですが、光技術を用いたものに比べて痛みが強いため、これまではその痛みに耐えてまで脱毛する必要はないと考える人の方が多かったという風に考えられます。

レーザーや光脱毛が、かなり痛みを軽減してくれる技術であるため、近年脱毛が脚光を浴びるようになったとも言えます。

この針と電気を使った脱毛方法なのですが、本来この技術は医療行為です。ですからクリニック以外で行った場合には違法行為に当たるのです。

しかしニードル脱毛を行っているサロンは多数ありますし、やめようという動きもありません。

サロンの主張としては、医療行為で使われる「絶縁針」とサロンで使っている針は別のものであって、且つ、針を皮膚に貫通させず毛穴の中で留めているだけだから、医療行為には当たらないということのようです。

このことについて、以前から、日本医学脱毛協会なども問題提起していますし、その主張さえあればほとんど医療行為と違わないことをサロンでやっていいのかということには疑問を感じますよね。

しかしこの問題は解決していません。訴訟や摘発の動きもあまりなく、サロン側もこのサービスをやめる動きもなく現状維持が続いて今に至ります。

サロンでニードル脱毛を受けるのは絶対に危険だからやめましょうという話ではありませんし、確かに光脱毛よりも効果が高いのは事実なのですが、クリニックかサロンかを考えるときにこのようなことも知っておいていただきたいと思います。

無駄毛の自己処理はやってはダメ?!

無駄毛の自己処理というのはやってはいけないことのオンパレードともいえます。まずカミソリでの自己処理です。カミソリというのは刃が出ている状態で、その刃を使って無駄毛のみを剃っているように思えます。

 

しかし、キレイに剃ろうと思って刃を思いっきり皮膚に当てていると皮膚表面も一緒に剃ってしまっているのです。そのため、肌がヒリヒリした状態になったり、埋没毛や色素沈着といった肌トラブルを引き起こすことになります。

毛の生えている方向も違うのでそれによって上下左右と動かしていると毛穴を傷つけて凸凹の状態になったりもします。

 

次に毛抜きでの自己処理ですが、これは一番やってはいけない方法だといえます。毛抜きというのは毛穴から無駄毛を無理やり引っこ抜くという形になります。

 

そうすると毛穴が広がって同じ毛穴から2、3本の無駄毛が生えてきたり炎症を起してニキビのような状態になることもあります。更に埋没毛といった毛穴トラブルを引き起こすこともあります。

 

一番怖いのが悪化した炎症で、膿が溜まり手術でなければ取り除けないという状態になることもあるようです。

 

またワックス脱毛についてもトラブルがあります。一気に引き剥がすのでその他の自己処理に比べるとトラブルは少ないですが肌荒れや乾燥を引き起こすことはあります。

 

自己処理の方法として一番お薦めなのはシェーバーです。刃が上下左右に動いてカットしてくれるので他の自己処理方法に比べるとトラブルはほとんどないようです。
しかし、刃を肌に当てているという意味ではカミソリと同じなので注意は必要です。

脱毛サロンは勧誘が強引なの?

脱毛エステと言えば、強引な勧誘?

 

以前は、脱毛エステといえば、安いコースのあとで他の部位を猛烈に勧められたり、施術後のあとで高額なアフターケア商品を買わされるなど、勧誘によるトラブルが多く、特に某大手エステの勧誘がひどいということで、そのエステサロンのブランドイメージを失墜させました。

 

その経験からか、その大手サロンでは数年前から無理な脱毛で勧誘することを止めたようで、現在はむしろ、無名・小規模なエステサロンや、個人経営のサロンの方が勧誘される割合は多いようです。

勧誘しないことが、ブランドイメージに!

 

かつて勧誘が激しかったエステ業界から、ここ数年、勧誘のトラブルが聞こえてこなくなりました。というのも、「勧誘が嫌だ」という顧客の声が圧倒的に大きく、客足を遠のかせる大きな要因になるためでした。

 

そこで逆に、「勧誘は一切しない」ということを武器にイメージアップを図るエステサロンが増え、今人気のエステサロンはどこも「勧誘はなし」という方針を打ち出しています。

 

今や、価格、安全に加え、勧誘をしないでどれだけ人を集められるかということが重要なポイントとなっています。最近の脱毛サロンは公式サイトの宣伝で「勧誘なし」と宣言しているところを選びましょう。

脱毛サロンの激安体験キャンペーンについて

どの脱毛サロンでも、必ずといっていいくらい行われているキャンペーン。キャンペーンの種類には何種類かあります。

 

脱毛お試しキャンペーン

ほんとうに格安で、1回だけ行えるものや、数回通えるもの、など。エステサロンの雰囲気や、対応、効果などを試してみるのにおすすめです。体質に合うかどうかもここでチェック。

 

また、サロンのスタッフさんや、エステティシャンの方の対応も、ポイントですね。しばらく通うサロンになるので、居心地のよさを体験しておくのがおすすめです。

 

脱毛部位によるキャンペーン

それぞれ、「こんなお肌になりたい!」という目標があるはず。部位による脱毛体験キャンペーン価格を設定しているサロンも多いので、要チェックです。期間限定のところも多いので、マメに確認してみましょう。回数限定か、回数無制限か...も、選ぶポイントです。

全身まとめてキレイにしてしまいましょう!

ワキにヒジ下、ヒザ下にビキニライン...できれば、指も!と、いろいろ行なってしまうのもオトク。脱毛は、毛の生え変わる周期によって施術を行う場合が多いもの。同じエステサロンの、信頼できるエステティシャンの方に相談しながら、全身をケアしてしまうのが安心です。
そんな全身まとめて...でも、嬉しいことにキャンペーンがあります!!

 

まず、対象になる部位をチェックしておくのがポイント。後から「脱毛したかった部位が入っていなくて、別料金がかかってしまった...」などと後悔しないように、事前にきちんと確認しておきましょう。

 

次に、部位ごとのキャンペーンと同様ですが、回数限定か、回数無制限か。回数限定の場合は、決められた回数の中で、どの部位で何回施術を行うか選ぶケースが多いようです。回数無制限の場合は、対象の期間はどれくらいか、予約が取れるのか...などをチェックしておいた方がよさそうです。

 

たくさんのエステサロンキャンペーン。「今月のキャンペーン」なんていうのもあるので、よくサロンの方のお話を伺って、おトクな方法を選びましょう。

人気の脱毛部位はどこ?

自己処理でのトラブル

ムダ毛のない、キレイなお肌になりたい...と思った時に、まずは自分で脱毛処理を試みることから始める人も多いのでは?その際に不安なのが肌トラブル。脱毛剤やカミソリ、毛抜きなどでは満足のいく、キレイなお肌にならないケースがあります。

 

トラブルの内容として多いのが、以下の3点です。

 

毛穴が目立ってしまった

無理やり脱毛してしまうので、キチンとお肌ケアしながらのエステとは違い、毛穴が目立ちかえって汚く見えてしまうケースが。また、埋没毛が発生して黒っぽくなってしまい、キレイとは程遠くなってしまうこともあります。

色素沈着をしてしまった

無理な脱毛処理を繰り返すと、色素沈着を起こし、お肌が黒くなってしまうことがあります。デリケートな部分、毛量が多くて毎日のように処理しなければならない部分などは注意が必要です。

肌荒れをおこしてしまう

きちんとケアしているつもりでも、自己処理では肌に負担をかけてしまっています。肌が弱い人は特に注意が必要です。

 

 

エステサロンでの人気の脱毛部位

そんな脱毛の自己処理でのトラブルは、極力避けたいもの。「永久脱毛したい」と思う部位は、毎日のようにお肌のお手入れをしなければならないところ、肌が弱い部位だそうです。

 

人気の一、二を争うのは、「ワキ部分」と「Vライン」。

 

「ワキ部分」は、自己処理では、毎日お手入れをしたい部分。特に夏になって半袖やキャミを着るようになると、とっても気になります。しかも、肌が弱く、通常毛の量も多いので、自己処理では肌荒れや、色素沈着、埋没毛などが発生して、汚くなってしまいがちです。

 

「Vライン」を含む、ビキニラインも人気。まずは、脱毛を試みやすい、Vラインから行う人が多いようです。ここも、「ワキ部分」同様、お肌がとってもデリケート。レーザーや光の脱毛処理を行う際も、よりお肌に刺激の少ない方法をカウンセリングなどで決めていきます。

 

この夏、キレイな肌を!と考えている方、人気の部位から始めてみてはいかがでしょうか?

生理中の脱毛は可能ですか?

サロンへ脱毛に通い始めて、次回の予約を...というとき、生理の予定日と重なりそうになったら?予約していたものの、生理になってしまったら?そんなとき、脱毛の処理を行なってもいいのでしょうか?
 

生理中の脱毛について

 

基本的に、ちょっとデリケートな部位である、ビキニライン以外の生理中の脱毛を受け付けている脱毛サロンが多いようです。ただし、前述したように、生理前、生理中は、お肌が敏感になりやすいとき。また、体調が悪くなったりする方もいます。

 

それぞれの体調は個人差があり、またその時々によって変わってきます。
生理中の体調の変化が気になる方や、ちょっと心配...という方は、事前にエステサロンのスタッフや、エステティシャンの方に相談して、よりよい方法をアドバイスしてもらいましょう。
 

「エストロゲン」の働き

 

女性ホルモンの一種、「エストロゲン」は、女性らしい体をつくる大切なもの。卵胞ホルモンとも言われます。この作用を促すもので有名なのが、大豆に含まれる「イソフラボン」です。

 

食材などからも摂取することができ、よく摂取できるといわれるものに、納豆、大豆から作られた飲み物(豆乳など)、豆腐、きな粉などが挙げられます。昔、有名になって品薄になった「黒豆ココア」なども、この効果を期待して...のものでしたね。

 

「エストロゲン」の効果は、丈夫な骨をつくる、キレイな肌をつくる、肌のバリアを高める、美しい髪をつくる...など、女性にとって必要なもの全般に作用しています。

「エストロゲン」の分泌について

 

では、「エストロゲン」は、いつごろ分泌されるのでしょうか?「エストロゲン」が最も活発に分泌されるのは、生理が終わってから、排卵の前まで。この頃が、女性にとって一番キレイに過ごせる期間で、お肌トラブルも少なくなる時期です。

 

一方、排卵後は、「プロゲステロン」(黄体ホルモン)というホルモンが活動を始めます。ちょっとやっかいで、お肌が敏感になったり、まだ、ちょっと精神的にイライラして心のバランスがとれない...などの影響が出てくるようです。

最近の投稿